リゾートバイト会社の口コミや評判をおすすめ比較ランキングでご紹介!【人気の住み込みバイト紹介を徹底検証!】

リゾートバイトで友達を増やす!

公開日:2019/09/01  最終更新日:2019/07/08

リゾートバイトは、行楽地や観光地などのリゾート地で働く住み込みのアルバイトのことを言います。基本的には1ヶ月〜3ヶ月程度の短期間のアルバイトですが、寮が用意されているのでアルバイトをしながら交友関係を広げるという人が増えています。

 

リゾートバイトで友達づくりがしやすい理由

リゾートバイトは、遠隔地から一人で住み込みで仕事をしにきたというほとんどの人が同じ立場です。そのため、通常のアルバイトよりもスタッフ同士の連帯感が生まれやすいという利点があります。早く同僚と打ち解けることができると仕事の相談や協力作業などがしやすくなり、シフトを交代してもらったり、仕事で嫌なことがあったときに互いに愚痴を言い合ったり、仲の良い人同士で協力して作業を進めたりすることができます。

また、室内で共に過ごすだけでなく気分転換に外へ遊びに行ったり、飲みに出掛けたりすることもあります。 リゾートバイトの相部屋寮は、同じ部屋で生活する人たちが同期や同じ持ち場の人ばかりとは限らないのです。学校とは違い、全ての人が同じ年齢やポジションの人ばかりではありません。

さまざまな年齢や持ち場の人と同じ相部屋で過ごし、同室の人や同じ持ち場の人の中から仲の良い友達が出来ると、 それが他の人とも交流できるきっかけになります。縦にも横にも良好な人間関係を築くことができるので、どんどん交友関係を広げることができます。

 

友達を増やすには個室寮と相部屋寮のどちらが良いか

リゾートバイト中に滞在する寮には、個室と相部屋の2種類があります。各部屋の広さや家具や家電などの設備は求人先によって異なります。個室寮は、いわゆる1Rマンションと同じで完全にプライベートが確保されており、キッチンやシャワールーム、テレビや寝具などといった生活には欠かせない設備が室内に揃っています。

相部屋寮は、ひと部屋に3〜4人程度が過ごせる相部屋形式の寮のことです。室内には、2段ベッドが2台あり、共同で使用する大きめの収納が1台と作業用のテーブルが1台ある部屋がスタンダードで、室内にはない場合の多いキッチンやトイレ、風呂などは館内に設置されているものを共同で使用します。

どちらの寮を選んでもメリット・デメリットはありますが、アルバイトをしながら友達づくりをしたい場合には、相部屋がおすすめです。相部屋寮での生活は、当然ながら知らない人同士で一定期間過ごします。そのため、個室寮よりも早い段階で同僚たちと打ち解けることができるため、短くても満足度の高いリゾートバイト生活を送ることができます。

 

友達を増やしやすい職種を狙うのもオススメ

リゾートバイトを行う際に友達づくりをしやすくするポイントがいくつかあります。例えば、配置人数が多い職種を選んだり、同年代や同性が多い職場は友達を作りやすいようです。 リゾートバイトの特色として、一般的なアルバイトでは見かけない趣味を生かした仕事が多くあります。

例えば、スキー場ではスキーやスノボの経験者が多かったり、海の家で働けるマリンスタッフやキャンプ場でのアルバイト牧場でのアルバイトなどもそのひとつです。こうした趣味の特色が強いリゾートバイトに来る人たちは、同じような趣味や関心を持っていることが多く集まる傾向にあります。

共通の話題があればそれだけ会話も生まれ、友達を増やすきっかけとなります。 また、休日にはスタッフ同士で一緒に趣味をたのしんだりすることもできるため、比較的早いスピードで交流を深めることができます。個人によって知識や技術に差があるので、コミュニケーションをとるだけでなく、趣味についての情報交換の場にもなります。

 

リゾートバイトの就労地域や職種は多岐に渡ります。そのため、同じ年代や同じ趣味を持った友達に巡り合う機会も多くあります。交流関係を増やしやすいポイントをなるべく意識して、積極的に友達づくりをしてみてはいかがでしょうか。

 




サイト内検索
リゾートバイト派遣会社ランキング!
記事一覧