リゾートバイト会社の口コミや評判をおすすめ比較ランキングでご紹介!【人気の住み込みバイト紹介を徹底検証!】

リゾートバイトは髪色に制限がある?ピアスをしてはいけない?

公開日:2019/06/01  最終更新日:2019/03/26

茶髪程度ならば、許容範囲かもしれないけれど、たとえばピンクの髪色ならば強制的に黒髪に戻される可能性があるのでしょうか。

オシャレを楽しみながらリゾートバイトで働くことは可能なのか、面接前にはしっかりチェックしておきましょう。

 

社会人としてのマナーを知ることも必要

長期休暇があり、それを利用してリゾートバイトをしようと考えているのは学生でしょう。

そもそも仕事ができるのかどうか、そうした疑問を持つ人もいるでしょうが、大学生ならば学校からも許可・認可されているはずです。

また、短期間の仕事になるので、雇用側も難易度の高い業務を任せることは少ないはずです。

加えて雇用形態もバイトですから、若い年代が同じ時期に働くため、整った環境下は魅力ではないでしょうか。

大学生になり、高校ではできなかった髪を染たり、ピアスをしたり制限なくオシャレができるようになります。

それと同時に初バイトに挑戦したいと思うものです。

しかし求人案件には、髪色・髪型指定、ネイルやピアスNGなどの注意事項が掲載されています。

もちろん就職活動であるならば、社会的マナーですから、従事しなければなりません。

しかしそこはリゾートバイトですから髪色に制限があるものなのか、ピアスをしてはいけないのか気になる項目です。

そして派遣のコーディネーターによる紹介会社の数が増えており、こうしたリゾートバイト専門にする紹介会社も少なくありません。

どのような業種や職種で募集しているのか、福利厚生・時給がどうなっているかなど、知識や情報を豊富に蓄積しているのが売りです。

派遣会社の人とも上手くコミュニケーションを取っておけば、例えば少し条件が合わなかったり要望がある場合、紹介会社を通して交渉することが可能ですので念頭に入れておきましょう。

 

人手不足のリゾートバイトは自由度が高い

夏には、海や山、避暑地などのリゾートバイトがあったり、冬から春にはスキー場関係であったり、冬に観光客が多くなるエリアの宿泊施設などの求人案件が紹介されています。

雇用形態から察するに、すでに進路が決まっている人、就職している人が働くというよりは、学生限定や学生向きといった感じではないでしょうか。

髪色に制限があるのか、ピアスをしてはいけないのか、進路が決まっているのならば社会人としての身なりには気を配るでしょう。

例えば面接をした時に髪色が派手だと「髪色を暗くする予定はありますか」と面接官に問われますが、何トーンまでなら大丈夫なのかということを教えてくれるケースもあります。

黒髪・髪型指定のリゾートバイト先に、長髪を染めて面接に臨むことは必要でしょう。

しかし許容範囲という言葉もあるように、人柄を売り込むことで、あえて黒髪を強要しない、こうした雇用側のはからいもあります。

特に人手が足りないリゾートバイトであれば、より自由度は高い気がします。

 

身なりに気を配る仕事では制限する

髪色に制限があるのか、ピアスはNGなのかどうか、これに関しては雇用側によって柔軟性は異なります。

人手不足のため、できるだけ沢山働いてほしい場合には、髪色を注意してその場で辞められると困るはずです。

ピアスをつけていても、耳が髪に隠れるくらいを許容範囲とすることもあります。

大半は責任者や中心になっている人の同意が得られ、派手でなければ働くことは可能でしょう。

自由が利くのも学生の特権ですし、学生向けのリゾートバイトならば、オシャレを楽しむのも学生の本能であることを理解しているはずですので「髪型・髪色・服装自由」という内容は多いようです。

もちろんアパレルのバイトならば、逆に歓迎されるでしょうし、仕事に差し支えなければ制限をかけていないようです。

しかし、一流ホテルなどの「おもてなし」を謳うサービス業ならば、ある程度の身なりで働きましょう。

一時的に黒髪に戻す、仕事中だけはピアスを外す、そうした意識も必要です。

 

リゾートバイトであっても雇用側から給与を得るからには、従事しなければならず、髪色に制限があるのならば、まずはどれくらい暗くするのかを問い合わせてみましょう。

また、ピアスをしてはいけない場合というのは、衛生面を配慮しなければならないなどを謳う場合ですが、それでも仕事中だけは隠す・外すことを覚えましょう。

大事なことは、きっちり仕事をこなすということですが、身なりも人格を左右するため気を配りましょう。

 




サイト内検索
リゾートバイト派遣会社ランキング!
記事一覧