リゾートバイト会社の口コミや評判をおすすめ比較ランキングでご紹介!【人気の住み込みバイト紹介を徹底検証!】

リゾートバイトの部屋の種類は?

リゾート地では働く環境が大事ですし、一定期間は滞在しなければなりません。

寮が完備されているにしても、間取りも気になるものです。

高級ホテルに宿泊できる可能性も、一軒家やペンションが滞在先ということもあり、どんな種類があるのかを知っておいて損ではありません。

 

宿泊施設の種類は一軒家からホテルまで

通常のバイトならば、スタッフ専用に休憩室があって「休憩入ります」の声で、身体を休める光景が浮かぶのですが、リゾートバイトは主に都心から離れた観光地に赴く滞在型です。

住み込みといっても、生活条件は様々で譲れない条件があるとすれば、宿泊施設に関することではないでしょうか。

そもそもリゾートバイトの部屋の種類に疑問を持つ人も少なくないはずです。

近くのホテルを借りることもあればアパートを一時的に使うということもあります。

アパートの時は、家具・家電付きですから、生活する上での心配はなさそうですが、それがメンバーと一緒の相室というケースもあり得るようです。

また、国内より海外へ目が向けられています。

航空券以外の滞在費の心配もなく、海外生活を楽しめるために、学生に人気のあるリゾートバイト先です。

そんな海外版でも住み込みで働けるようで1泊、数万円レベルの高級ホテルに住み込みで働くことも不可能ではない話も耳にします。種類としてはシングルが一般的です。

また学ぶことを優先したいのなら、ワーキングホリデーという働き方もあるようで、そうなればホストファミリーにお世話になり、一軒家、部屋も相部屋になる可能性大です。

 

個室だけでなく共有スペースや間仕切りもある

数ヶ月以上に渡る長期のリゾートバイトの種類にはスキー場のリゾートバイトもあるようで、寮やホテルでなく、大概、人里離れた山中にあることからも住み込みとなることが一般的です。

ペンションやコテージが宿泊施設になることさえあります。

しかし毎年求人広告を出しているのならば「寮完備」とするところは多いようです。

部屋の種類は、厳密には完全個室と1部共同の2種類があるようです。

棟やフロアによって女子と男子が割り当てられます。

学生寮のような滞在型もあれば、ホテルやアパートのような部屋も用意されているケースもあるようです。

種類は1R・1Kの2種類で、キッチンなしというワケでなく、部屋とキッチンの間に仕切りがないだけの間取りである、こうした部屋に住むことができるようです。

 

条件を伝えることで快適な生活が可能

住み込みで働くことになるリゾートバイト、その間の光熱費や食費がかからないというのはメリットでしょう。

テーマパークや老舗旅館などの施設でも、同様に募集していますが、その多くは期間限定で住み込み、しかももっとも忙しい時期となるため、精神的にも肉体的にも大変です。

こうしたリゾートバイトの部屋、大広間や多目的ホールを仕切った空間とするケースがあるようです。

これは短期リゾートバイトで起こり得る問題点、海の家ではマレですが民泊というケースもあるほどです。

人手不足を補うことが目的で、その対価は高時給です。

寝泊まりできる部屋ならば、カプセルホテルのような簡易ベッドのみが設置されている狭さも、無きにしも非ずです。

インターネット環境さえままならないケースもあります。

今やインターネットや情報誌などからも探すことはできますが、派遣会社に登録することが安心できます。

リゾートバイト希望であることを伝えれば、希望に合わせた求人案件を紹介してもらえる内容です。

大手派遣会社は各種リゾート施設やホテルや旅館などと太いパイプを持っているので、希望する宿泊施設について伝えておけば、それに見合った求人案件の紹介が受けられます。

 

リゾートバイトの魅力は何といっても稼ぐことができる高時給です。

北から南まで、数多くの求人案件があり、希望や目的によって働くことが可能です。

しかし多くの場合には滞在しなければならず住み込みで働くことになります。

個室だけでなく相室になることも、複数人が住み込むこともあるようです。

 




サイト内検索
リゾートバイト派遣会社ランキング!
記事一覧